毒祖母と私。



アルバムの整理をしていたら、祖母のひざにちょこんと座る私の写真がでてきました。

もう、数年前に亡くなりましたが、なぜかよく思い出したり話題になったりするうちの祖母。

これまた正直な話、大嫌いでした。高校生くらいまで一緒に暮らしていました。

小さい頃は祖母と話すとなぜソワソワ、ビクビクするのか分からなかったけれど…。とにかくトゲがあるんです。顔を合わすのがイヤでたまらなかった。

大人になってからも「あんたは全然連絡もしない。私を思いやらない」などなど、久しぶりに連絡をしたら強烈なパンチを食らわされたりしました。
可愛くない。

見た目は小さくて上品らしい←他人が言うには。

だけど、平気で私の両親の悪口を言う。

血の繋がった祖母に血の繋がった両親の悪口を言われるという不思議なことがよくありました。

一緒に住む家族のピリピリした雰囲気は今でも忘れられません。

世間でいう可愛いおばあちゃん、優しいおばあちゃんなんて(゜Д゜≡゜Д゜)?どこにいるんだ?
幻想とすら思っていました。

私の母はよく祖母の暴言に泣いていました。
悔し泣きです。私も心がえぐられることがあり、関わらないようにしていました。

家族だから仲がいいとは限らない。

いや、家族こそやっかいなのかもしれない。

祖母は晩年はとってもさみしく過ごしていました。

毒を吐きまくるから誰も近寄れず…。
何かにつけて口を出すので自分の子どもも孫も親戚も腫れ物のように扱っていました。

表向きは家族揃い幸せそうに見えていたかもしれないけれど実際は…。

祖母は長生きしたけれど、幸せだったのだろうか?

ふと思い出すんです。

私にはまったく理解できなかった祖母の言動でしたが、亡くなる時は、なぜか涙が止まらず悲しくて。
ふと見るとあれほどこじれていた父と母も泣いていました。

きっといろいろあったけれど祖母が嫌いだったけれど、何もかも許した瞬間だったのかもしれないなと思います。

家族ってけっこうメンドクサイ。
まだ他人のほうが思いやれたり思いあったりできるのに。

感情むき出しで素で付き合うと大変ですね。

でも、写真の私と祖母はなんだか幸せそうに写っていて、またもや泣けてきました。

私は祖母に愛されていたのだろうか?

疑問だらけだけど、なにげなくとった写真で救われることってあるんですね。

まだ手をつけ始めたばかりの写真整理。

ゆっくりやっていこうと思います。

 

 

おまけエピソード

私の亡き祖母は、ある意味正直で、正直すぎて人を傷つけることがよくありました。

 

母の日に自分の息子からもらった財布に一言。

「私は財布が欲しいんじゃない、中身が欲しいんだ!」

ありがとうじゃねぇのかいっ?!

遠くに住む息子(私の叔父)…。絶句する姿が目に浮かびます。

祖母の気持ちは分かりますが、言っちゃいけないだろっ!と私は学生ながら思いました。

血のつながりを感じたくない……。

その後、くわしくは知らないのですが、叔父は祖母が欲しいモノを贈ってあげたことでしょう。

プレゼントってやっぱりちょっとむつかしいと思いました。

でも、祖母も母も私もゲンキンな女だったのね。
やれやれ(-_-;)

 

 

 

 

ためになる記事はこちらから↓↓↓

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

節約貯金deゆとりのマネーライフ

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

↓↓↓ミニマムなスペシャリストブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

↓↓↓節約、貯蓄の勉強になります

コメント

  1. よしの より:

    タイトルに惹かれてポチッと★訪問★です。はじめまして、ブログランキングからきました。よしのと申します♪( ´▽`)

    うん、ばーちゃん話になると奥が深くなりますよね。少し思い出して涙ポロリになってしまいました。勉強させられます。

    http://yosino01.com
    よしのでした(=゚ω゚)ノ

  2. へなちょこ♪♪♪ より:

    よしのさんはじめまして♪
    コメントありがとうございます。祖母と私はなかなか分かり合えなかったけれど、写真のおかげでいろんなことがチャラになりました。
    いろんな家族の形があって、おばあちゃんが大好きなお孫さんもたくさんいると思います。
    そんななかで、毒祖母なんていうのも気が引けましたが、ありのままを書きました。
    あの世でこいつ!って思われているかもしれませんね。(笑)
    家族だからこそ素直になれない、家族だけど仲良くなくたっていい。

    はじめからそう思えれば、ムリする必要なんかないのかなと思っています。

    今では、たくさんケンカしましたが祖母には感謝していますよ。