お金を貸す人。借りる人。繰り広げられる身内問題が解決しない。【お金の事】



この構図は身近で子どもの頃から見てきました。

身内のお金の貸し借り。本当に醜いものですね。

必ずと言っていいほど、いざこざがありました。

父の兄弟なんですが、見たくもない、知りたくもないのに繰り広げられる身内問題が今でも続いています。

叔母が叔父にお金を貸す。
はたまた、叔父が叔母にお金を借りる。

叔父は借りたお金も、日雇いでもらったお金は湯水のごとく、スッカラカンになり税金、光熱費は全部滞納し、(家賃はお金のかからないようにと離れに住まわせてもらっています。)

消費者金融から逃げ回り、お金を借りた人からも逃げ回り、よく捕まらずに生きています。

捕まればいいのにと思うほど厄介事なのです。

口うるさく言っても借用書を書いたってほとんど無意味。

そのたびに私の父と叔母は毎度のこと、尻拭い。
手続きや電話など面倒を請け負い、

少しお金に余裕がある叔母がお金を工面。

もうこんな事キリがないからヤメなよ…!叔父さんは変わらないよ。という、
母と私たちの話は聞かず、

じゃあ、兄弟を見捨てろというのか?

と父は反論。重く苦しい雰囲気になること数しれず。
これが原因で家族間もヒビが入っています。

本当は、こうなる前に、できないと突っぱねるべきだったんではないかとおもいます。

兄弟を思う優しさで中途半端に助けてしまい、本人の甘えに拍車がかかり、貸す、借りるの構図が出来上がってしまった。

また、助けてくれる。
兄弟だから助けなきゃ。

気づいたら、自分自身の力では立ち直れない所まできてしまいました。

早く、突き放してあげることでどん底を味わい、本当の反省をし立ち直れるはずだったタイミングを逃してしまったのです。

今後もきっと変わらない。

共倒れになる日は近い気がして、とても怖いのです。

自分の罪は自分でしか背負えない。
借金だってそう。

誰かが代わりに背負っても、自分が変わらなければまた同じことを繰り返す。
破滅的な人生を本人が望んでいるようにしか見えません。

私と弟たちは、身近で見てきたから兄弟間でのお金の貸し借りはご法度で、暗黙の了解です。

それ以外は助け合います。

お金の貸し借りは後々、
必ず問題になるから。
必ず共倒れになるから。

この線引きはきちんと守っていこうと思います。

大切だからこそ、借りない貸さない勇気を持つべきだと、父たち兄弟を見て学びました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ためになる記事はこちらから↓↓↓
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

↓↓↓節約、貯蓄の勉強になります

ブログサークル作りました!

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

私も始めました。
⇩これならできます。