小物を強制撤去。何も飾らないことで、お掃除が楽になりました。



インテリアをこだわることよりも

モノを減らし視覚的にすっきりするにはどうするか?

を考えて実践した結果、1番楽になったのはお掃除でした。

 

大好きなモノに囲まれて暮らしたい!と小物を集め飾り出していた時、

 

 

ある日、ちょこちょことするお掃除が、かなーりめんどくさいことに気づいたんです。

 

モノをどかす→拭く→元に戻す。

 

細かな小物が大好きだったので掃除には時間と手間がかかって、よく途中で疲れて

放置していました。

 

 

「あれ?ゆるりまいさんもの本にも書いていたな。モノがないとモノをどかす、元に戻す作業がなくなって掃除がスムーズになるって。」

 

雑誌に載っていた、カフェのようなインテリアにこだわりすぎて、ちょっと考えれば分かることを無視していたんです。

 

そこから、小物などを強制撤去。

 

 

あちこちと飾らなくなったことで、めんどくさい作業が減り

ホコリも減り、時間にもゆとりができてきました。

 

私も自分自身の経験から、めんどくさがりで片づけが苦手なタイプこそ

 

インテリアにこだわり過ぎてはいけない!と思うのです。

 

うちにも、最強にお片づけベタがおりますので、これは特に口を酸っぱくして言っています。

小物大好きな母と叔母は、こだわり度は凄まじいので

 

「小物はお片づけ上級者のモノだから、毎日拭いてあげる気持ちがなければ飾っちゃいけないくらい、意外と手がかるよ。

毎日拭いて元に戻す作業、できる?」
(だいたい上から目線。)

これを聞くと答えに詰まります。

飾りたいなら拭いてあげる努力が必要です。

 

私の母も叔母も家事が嫌いな方ではないのですが、年を重ねるごとに1つ1つの作業が億劫になってきているのが見てとれます。

取りやすいようにいろんなものを近場に置いたり。

 

 

「小物にこだわるより先にそこのカオスどうにかしようよ。」とグサグサ言っています。

*ふたりは私がどんなにキツい言葉でも動じない強敵なので、ついついガンガン言っちゃいますが。。

 

 

やっと片づけにシフトしてきましたが、

知らぬ間に、またあの2人が変な小物買って飾っていないか?心配です(笑)

 

↓こちらの記事もどうぞ。

祖母の遺品整理は時間がかかりました。捨てられない家族に託すと大変なのです。

 

何もない空間を増やすことは、

お掃除が劇的に楽になりますし、時間短縮につながり、家はますますキレイになります。

体感すると、やめられません。

何も置かない。

デッドスペースをあえて作る。

モノを減らすことで労力も減ります。

 

私はこれで家事のことで主人とケンカがなくなりました。

みずから抱えすぎている仕事を減らすということは、非常に大事だなと思っています。

 

 

 

 

部屋だけでなく、玄関の小物類もほとんど撤去したら、毎日お掃除するようになりました。

息子も手伝ってくれるように!嬉しい変化は続いています。

 

 

お読みいただき、本日もありがとうございました。

 

 

 

関連記事→出しっぱなしがめんどくさいを生む。しまうことでお掃除から開放されます。

おすすめ記事→まとめ買いをやめました。必要なモノだけのちょこちょこ買いで使い切ります。

 

 

⬇お手本になる情報がてんこ盛りです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

ためになる記事はこちらから↓↓↓

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント