「やめる」「捨てる」で一歩前へ。

【日々のこと】



やっと気持ちの踏ん切りがつきました。

 

ハンドメイド作家になる!と勢いづいてミシンを買い、あさるように生地や関連商品を揃え、ひたすら作品を作って家族にプレゼントしたり、イベントに出店して

ものすごく充実した日々を過ごしてきましたが、

やはり私特有の「飽き」がきちゃったのです。

 

まだ、やれるんですけれど、少しずつ義務感に感じてきてたので

やめる決断をしました。

 

↓関連記事。

【辞】ハンドメイド作家になることをやめました。

 

 

少しずつ断捨離し、減らしていくことから始めて、最後まで残ったのは大切なミシンや選びに選んだ生地と作品たち。

 

ミシンやお気に入りの生地は母へプレゼントし、作品は喜んでくれる方へ。

↓こちら。(使いやすく、値段も手頃でお気に入りでした。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他は思い切って処分しました。

 

いつもなら写真を取るんですが、画像を見ると「もったいない。。」に引っ張られそうになるのであえて残しませんでした。

 

もったいないで残したモノは、結局使わず廃れて汚くなり、ゴミになる流れを毎回経験していますので、それだけは避けたかったんです。

 

キレイな思い出とキレイな形のままで片をつける。

 

心苦しくても、前に進みたいから後悔はありません。

 

すっきりした場所にまた新しいやりたいことが見つかって今はまたあれこれ始めています。

 

やめる時、捨てる時は胸が痛んだり後悔しそうになるけれど、それを上回るくらい

たくさんやりたいことがあるので、

やめて、捨てて、片づけてをこれからも繰り返して私は生きていくんだ!と決めました。

 

関わった多くのモノや人に感謝しつつ、飽きっぽくいろいろやり始めるへなちょこですが、「まあ、頑張れよ!」と見ていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

どんどんやめています。

【辞】半額商品を買うのをやめました。

 

【辞】むなしい貧乏的な節約をやめました。

 

****************