【恐】廃墟のようになっていました。。。

【日々のこと】



大好きだった義祖母が亡くなり、住んでいた家が、お仏壇など大人の事情、家族の事情があり、いろいろあってお義兄さん(独身)が住むことになりました。

 

しばらくたったころ、お正月が近くなってきたので、息子と一緒に訪ねてみたら

 

(゜ロ゜;えっ、何これ?

 

いるはずのお義兄さんはおらず、散らかったままの家。鍵もかかっていない、
(田舎の習慣が根強く、いまだ出かけても鍵をかけていない場合があり、無用心が気になりますが。)

 

使いかけの包丁は出しっぱなし、鍋には料理があり、さっきまではいた気配はありつつ、いないのです。

どの部屋も何かが散乱。

 

飲みかけのペットボトルがあちらこちらに。

 

仕事ではなく、どうやらそのままどこかへ出かけたもよう。

明日はお正月でみんなが集まる時。

今、この状態で、これから遠方から親戚がくるというのに。

私と息子は恐ろしくなって逃げるように帰りました。

その後、家の状態にびっくりした親戚のおじさんおばさんたちがものすごい勢いで片づけたそうです。

 

お義兄さんは、相当おじさんおばさんたちに怒られ責められ、数時間逃亡するという珍事件へ。

(゚∀゚;)何だかな~。

 

 

 

 

義祖母が住んでいた頃は、古い民家とはいえ、花が咲いて果物や野菜もなっていて、家の中はムダなモノがなく、いつもすっきりとキレイでした。

 

いつ遊びに行っても、爽やかで居心地が良かったのを覚えています。私の実家が汚家だったものでキレイ好きで優しい義祖母を尊敬していました。

 

 

その面影が、今ではまったくない。

 

お義兄さんは、いい人なんですが、マジで片づけが苦手なようです。

 

 

 

 

住む人が変わると家も変わるんだなと思いました。

 

片づけを怠ると、古びくスピードも早くなります。

手入れをしていないこともあって電気が付かなくなっていたり、ガタガタ具合が増していました。

 



 

不安を抱えたまま、今度はお盆休みを前倒しにして様子を見に行ったら、

 

えっ?

(゜ロ゜;(゜ロ゜;(゜ロ゜;何これ?

廃墟のようになっていました。

 

 

もう、本気で怖いんですけどぉ~!

(◎-◎;)

↓イメージ画素ではありますが、こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

芝生は見たことのないくらい雑草畑になり、野良猫のフン!!?

美しく咲いていた花や食べ頃だった果物は枯れて、空き缶、ビン、よく分からないゴミが。

 

ガラスには板が張られ、とにかく散らかっていました。

 

(絶対に変なモノもいる!)

 

恐怖で家に入るのもためらいました。

 

「これは、ヤバイ。片づけよう!」

今回、一緒にきた主人もことの重大さに気づき、息子を含め家族3人で大掃除しました。

肝心のお義兄さんは、「そんなにやらなきゃいけないことなの?」と分かっておらず、話は平行線。そのまま仕事へ行ってしまいました。

あまりのゴミや汚さに、主人は怒りがMaxに!

なだめすかし、どうにかこうにか汗だくになりながらの大掃除で何とか、見えるようになってきました。

 

後日、お義母さんにバトンタッチして大掃除してもらい、お盆を迎えることができましたけど。

 

お義兄さんに片づけを強制することは、不可能ですし、追い詰めてお仏壇などを守る役目の方が逃げ出しては困ります。

 

みんなが集まる家が、少しでも長持ちできるように、祈りながらできることをやっていきます。

 

 

義祖母が大切にしていた家族や親戚の団らん。

 

汚い家ではできませんもんね。

本音は(イベントごとのたびに、片づけを手伝っていくのかぁ。。。)不安と諦めとちょっとした怒りとごちゃ混ぜになりながらも。

 

紡いできた大切な関係を壊さないように、お片づけを今後も続けていくしかない!そう思いました。

 

 

 

***************

 

 

↓勉強になります!
【ブロガーズギルド】

 

*更新の励みになります。

***感謝。***

⬇お手本になる情報がてんこ盛りです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ためになる記事はこちらから↓↓↓

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪