もったいないと古着をウエスにした結果。。。

よかったらシェアお願いします。


一度着ただけですぐに「もう着ない!」と放置された息子のランニングシャツを

「捨てるなんてもったいない!」と置いていて、片づけられずに半年間。

ついにどうするか。決めました。


「そうだウエスにしよう!」

掃除用の雑巾が足りなかったので、こりゃラッキー!と思い、

張り切ってハサミを入れたものの、悲しくなってきて、途中で落ち込む事態に。

そういえば私、こんな気分になるからウエスにするのをやめたんだった。

↓過去記事。

【辞】私がウエス(古布)を作るのをやめたワケ。

昔書いた記事に、いろいろ思い出すからウエスにしたくないとありました。

今回もたった一度しか着ていなくとも、はだかの大将みたいで可愛かった息子。

慣れないからとすぐに脱いじゃったけど。

たった一度着ただけなのに、もう思い出になってました。


無理矢理、ウエスにして、思い出を汚すような気分になるなら、やめよう。

モヤモヤをかかえ半年も悩むくらいなら、

私は今後も潔く「捨てる派」でいます。

いろんな考えがあると思います。

モノに最後まで役割を与え使いきるというのも、ひとつの考え方ですし、否定もありません。


ただ、私のように罪悪感を感じる方がいたら、そのままの形で捨てるor手放すのもありだと思います。


「もったいない!」に縛られていると大切な自分の気持ちに気づけなくなってしまうから。

自分と向き合わなければ分からなかった答えが、ちゃんと出せてよかったです。