実家は汚家。

1/2ページ

片づけられない、捨てられない両親。実家はますますカオス化しています(涙)

  先日、久しぶりに実家に帰ったんですけどね。 見ないふりしていた父の部屋に潜入したら相変わらず(!?)   右も   左も   どこのアングルも!     なんじゃこりゃ。       うちは昔からモノが多くて片づけられない捨てられない両親のため実家は いつもどえらいことになってます。 たまに帰っても気持ち […]

散らかっていると、忘れ物が多くなる!

やっちまいましたよ。 The,忘れ物。 しかも息子の大事な毎日必要な 筆箱を入れ忘れたんです。 息子ではなく、私が。。。 ?!(・◇・;) ?ホワーイ? 前の日に学校の準備をしてた息子のランドセルから、「えんぴつがちゃんと削られてるかな~?」とよかれと思って朝、登校前に確認。 微妙に削られてなかったので、これまたよかれと思って朝からガシガシ削っていたんです。 そのまま、ランドセルに入れずに、送り出 […]

  • 2017.08.14

【実家は汚家】あまりのモノの多さに頭がおかしくなりそう。実家に帰省しても気が休まらない(~_~;)

月に少なくても1度は実家に帰るのですが、お泊りするのはいつも悩みます。 実家に2時間もいたら帰りたくなりますもん。 泊まるなんてイヤで…とんでもなく苦痛なんです。 「実家って落ち着くなぁ」とは思ったことすらありません。まったく気が休まりませんから。 今回は久々ということもあり、ツラかった(´;ω;`) モノの圧迫とごちゃごちゃ感は、いたる所にありまして、「うあーーー!うぎょあ~!」っと叫びたくなる […]

【住まいのダイエット】骨董品・民芸品・使わないモノだらけの家に、うちの実家を重ねる。

住まいのダイエット。おもしろいですよね〜。 毎週、欠かさず見ておりますが、7月9日の放送のまちゃまちゃさんの実家の状況は、うちの実家と重なる部分が多々ありまして、他人事のようには見れませんでした。 ・使わなくなった店舗に骨董品・民芸品を置いてある。 ・いつの間にかどんどん増えている。 ・使わないモノで溢れている。 ・片づく気配がまったくない。 高齢で病気になってしまったお母さんの生活環境をよくして […]

祖母の遺品整理は時間がかかりました。捨てられない家族に託すと大変なのです。

毒祖母とのいろんな出来事は、7月になると思い出します。「まだ生きたい。」という気持ちを強く持ったまま、90才になる前になくなった祖母。 一緒に住んでいたこともあり、大嫌いだったけど、まあまあいいとこもありました。 ただね、あらゆるモノを残して旅立っちゃったんです。 これがまた、長い遺品整理へとつながります。 母の「お婆ちゃんの遺品整理、だいたい終わったよ。」は、終わっていなかった……。 出てくる出 […]

世界ゴミ屋敷バスターズ見ましたか!?「新聞だらけのゴミ屋敷。」に父を重ねまったく笑えない。

久しぶりに見たテレビでおもしろいものをやってました。 世界ゴミ屋敷バスターズです。 日本だけじゃないと薄々感じてはいましたが、世界はスゴかったー。 特にイギリスの「新聞だらけのゴミ屋敷。」の住人がは、私の父に似ていて笑えなかった…。 あ……あ…見たことある。(・_・;) 絶句です。 イギリスの方は両親が亡くなり一人暮らしになった途端に、ゴミ屋敷になっていったのだそう。 心のより処を無くしてしまった […]

【実家は汚家】汚家が片付く日は来るのだろうか?実家に帰る度に途方に暮れます。

先日、身内のお祝いがあり参加するため実家に帰りました。 何度か状況をお伝えしております、そう、私の実家は汚家なのです。 小さい頃から、ずーーーーーっと汚家のなので世間とはあきらかに違う異空間です。 とにかく周りにバレないように必死に隠しているため、私の主人も知らなかったぐらいなんですよ。 見える所だけ、まあまあキレイです。 あとは、⬇こんな感じです。これでもなんとか片づいいてるほうで […]

【汚家】キレイに収納されている冷蔵庫の落し穴。

実家にいろんな所をチェックしに行った日に、冷蔵庫ももちろんガン見してきました。 一見、整理されているようにも見えますが…。 1階に住む両親と2階に住む弟家族とは、台所も冷蔵庫も別です。したがって2人分あればいいはずなのです。 作り過ぎたり、残ってしまった夕飯はタッパーに入れて保管しています。 実際には食べ切る事ができずに、冷蔵庫に押し込めているだけなのです。 いつの? これ賞味期限ヤバイよね。 た […]

【実家は汚家】ひじょ〜に使いづらい動線の悪い台所。

実家のひじょ〜に使い勝手の悪い台所をご紹介します。 はい、どん! 最近寒くなり、さらに動きがにぶくなった母はあまり動かないでいいように1か所に使うものを集中に置くようになりました。 朝ごはんの準備はすべてここでやってるそうです。 う~ん。もっともっと使いやすくてスッキリさせてあげたいなぁ…。 この食器棚は、2人暮らしにはずいぶん多すぎます。 入っている食器はほとんど使われていません。 実家には仏壇 […]

【公開】父の汚部屋…ガン見注意!

うちの家族の問題児。 何度も取り上げております、捨てられない父の汚部屋公開です。 今の状態は、すこぶるいいほう。 圧倒される本の威圧感。半端ねぇ。 一時はコレを上回るハンパないカオスが広がっていました…。 4部屋あったうち3部屋をこんな状態にしていまして (強烈な記憶をたどりイラストにしました。) コレがあと3部屋。 同居のため、部屋が狭まり強制的にモノを減らすことを強いられたのでなんとか収まって […]

  • 2017.01.17

【汚家】お片付けがなかなか進まず、もどかしかった実家がちょっとずつ変化してきました!

帰るたびに、「ねぇ、手伝うからさ、片付けようよ。コレなかったら片付くよ〜。」としつこくアプローチしたかいがありました。 ちょっとずつ変化が出てきましたよ。 あのなぜこんな場所に?の収納の前に収納ボックスは撤去されていました。ヤッター。 話を聞けば、模様替えをしたら父の収納場所が減ってしまい、ここに置けば便利だろうと、父が勝手に置き出したとのこと。 コレでは何かと使いづらいだろうから、父の収納場所を […]

【捨てられない父の事件簿⑥】移動するガラクタたち。

捨てられない父の片付け方が、やっぱりオカシイと気づいたのは実はずっとずっと前から。 それでも、見てみぬフリを決め込み、スルーしてきたのはケンカをするのが嫌だったからなんです。 片付けだ!と言って1人朝から荷物を軽トラックに詰め込んでどこかへ持っていく。 そしてまたある日はどこからか持ってきたガラクタをどこかへと持っていく。 全貌が明らかになったのは、ここ1年の間でした。 父はガラクタを移動すること […]

【汚家あるある④】階段は一時置き場と化す。

きっと、これも汚家あるあるなんでしょうね……。 うちの実家のベランダにつづく階段は、こんな感じでした。 あらゆるモノが置かれていて、昇り降りするのも一苦労。 ゴミ出し日まで置くには、ちょうどいい場所でして、ついつい置いてしまうんですよね……。 見た目も気が滅入ります。 家族も多いから、ゴミの量や資源ゴミも多くなる。 常に何かが置かれている状況で、いらなくなったモノやどうするか迷うモノがどんどん集ま […]

【汚家あるある③】理想と現実は大違い。美しい部屋という本を愛読する汚家住人。

捨てられない両親と共に暮らし、何かがおかしいと子ども心に感じていました幼少期。 小学生になり、友だちん家に行って謎が解けるのです。 うちが汚い。汚家だってことに。 恥ずかしくて誰にも言えない、家族だけの秘密。 幸い1階に住む祖父母の所は、キレイ好きだった祖母のおかげで2階に上がらなければ、バレることはありませんでした。 どんな感じかというと……。 壁一面に収納がありました。 捨てられない両親がすぐ […]

【汚家あるある②】収納棚の前に収納ボックス。取れませんがな〜(・・;)

捨てられない両親のモノを捨てずに収納するという、あり得ない片付け方にイラッとする今日この頃です。 収納ボックスや収納ケース、収納できるモノがあれば部屋が片づくと思っているので、実家は収納だらけなんです。 キッチンの隣にすぐにお風呂があり、脱衣所がないので両親なりにいろいろ考えて、 キッチン収納棚の前に収納ボックス。 見た目もいろいろオカシイことが自然と繰り広げられています。 毎度、実家に帰るたびに […]

【捨てられない父の事件簿⑤】まさかのコンテナをもらってきた?!最大のもらいモノ。

捨てられない父がもらってきた最大のモノは、なんとコンテナでした。 コンテナってふつうもらう? 親戚のおじさんが事業をやめるということで、会社内外の片付けを始めて、引っ越し業者でもないのに身を乗り出し、挙句の果にあらゆるモノをもらってきたのだそう。 父以外、みんな、「それ、いらないんですけど。」 母は運送代で30万もかかったと怒っていました。 そりゃあそうだ。タダでもらってお金がかかるって。 意味が […]

【捨てられない父の事件簿④】本や新聞が捨てられない。ますます汚家が加速していく。

あれは、久しぶりに実家を訪ねた時のことでした。 私も就職し、弟たちも家を出て、1階には祖父母が住み、2階に私の両親が住んでいました。 子どもたちも巣立ち、部屋が余っているはずだったんです。 しかし、実際は…、泊まれる部屋がない!!? 父がすべての部屋を占領していました。 どこもかしこもモノだらけ。 私たち子どもが置いていったモノや、父の大好きな本と大好きな新聞紙がところ狭しと置かれていました。 新 […]

祖母の迷惑な遺品【汚家あるある①】

一緒に暮らしていた祖母が亡くなって少し立った頃、 毒祖母だったとはいえ、亡くなった時は嗚咽をあげて泣いてしまったんです。 母もなんだかんだで祖母とはいろいろイザコザありながらも居なくなってしまった喪失感でなかなか遺品整理が進んでいませんでした。 汚家化している実家をどうにかするべく、ちょっとずつ片付け始めました。 使っていないコップやお皿などをどんどん断捨離していくなか、食器棚の奥底に何かが、何か […]

【捨てられない父の事件簿③】新品がおキライ。

うちの父。なかなかズレている今日この頃。 今は観察すればするほど、ちょっとおもしろかったりします。 長ーい間、理解できず(まだ理解不能ですが(・・;))そんな父でも私は優しい娘でした。 数年前まで。 誕生日や父の日をスルーするきっかけとなったのは、 私がお小遣いから買ってプレゼントした帽子を一度も被ってくれず、拾ってきた帽子を愛用したこと。 ついに日の目を見ずにどこか行ってしまいました。 その後も […]

【捨てられない父の事件簿②】それ、思ってたんとちゃう!!!

私がうちの父がズレていると確信したのは、まさにこの時でした。 中学生の頃、念願の一人部屋を手に入れ、喜んでましたが、実際は…… 非常に残念なお部屋でして…… 詳しくはこちらから→備えつけの収納がまったく使えなかった汚部屋時代。元片づけられない女の思い出。 それでも夢見る女子中学生♡ どうにかならないかとくすぶってました。 そうだっ!ベッドがあれば少しはオシャレに近づくんじゃない!? 父と母にしつこ […]

【捨てられない父の事件簿①】迷惑なプレゼント。

いつ休みだ? 近く通るから寄ってもいいか? 一人暮らしを始めてしばらくたったある日、父から連絡がありました。 実家から往復で4時間弱かかる場所に住んでいたので、父に会うのは久しぶりでした。 元気そうなのは何よりと思いきや、 いきなりでっかい収納ダンスを持ってきたんです!! 私「!!????えっ、何。何事?」 父「プレゼントだ!」 意気揚々と収納ダンスをうちに運んだんです。 言っときますが、私はまっ […]